漫画・縄文の食卓

5000年前の青森三内丸山に暮らす縄文人が、津軽の方言で会話する漫画『縄文の食卓』

縄文の食卓

エピソード2:実りを願ってドンドドン<その2>

manga

おごそかな祈りを捧げたのち、炎の明かりに照らされて、なにかの影が現れました。

そして止まぬ太鼓の音とともに、勢いよくこちらへ向かってきます。

 

それはヘビのような姿をした精霊「ムシ」です。

 

manga

 

「ムシ」とはマムシのムシ、つまりヘビのことです。

 

この世界では、脱皮をするヘビは再生の象徴であり、命の源となる水を司る象徴でもあり、とても神聖な生き物として扱われています。

 

そのヘビをワラでかたどって、山の精霊を迎え入れるのです。

人々はこれを「ムシ」と呼んでいます。

 

でも決してヘビそのものを拝んでいるのではありません。

その奥にある自然の力を感じ取っているのです。

ちょっと変わった形にしているのは、その「霊性」を表現しているためです。

 

 

さてさて、ここからお祭りの盛り上がりがピークを迎えます。 

 

manga

 

太鼓の音に合わせて、かつぎまわるムシの行列がお祭りを盛り上げます。

村人たちは、ここぞとばかりに大盛り上がり。

一年を通して、この時が一番大騒ぎになるかもしれません。

 

大人も子供もみんな無礼講、お堅いことは全部抜き。

腹まで響く太鼓の音が、よけいに気持ちを高揚させます。

 

ド ドン ドドン ドンドン!

ド ドン ドドン ドンドン!

 

はねろ!はねろ!

 

みんな一心不乱に大盛り上がり!

 

 

 

manga

 

おっと…。

どんなに楽しくても、美味しいお酒と食い物の魅力には勝てません…。

 

 

つづく。

 

 

※この物語はフィクションです。すべて架空のお話になります。